3大乳酸菌とは?

 

乳酸菌は、「おなかに優しい」とか「お通じに良い」などとよく耳にしますが、実は乳酸菌には数多くの種類が存在しています。

 

その中でも高い効果が得られることで有名な3つの乳酸菌のことを「3大乳酸菌」と呼んでいます。

 

それらが、「ビフィズス菌」「ラブレ菌」「カゼリ菌」の3つになります 。

 

食事などから「3大乳酸菌」を摂ろうとするととてもたくさんの食材を使用しなければなりませんが、サプリメントや乳酸菌飲料などを上手に活用することによって、効率よく簡単に「三大乳酸菌」を摂取する事ができますよね。

 

 

3大乳酸菌には、それぞれの役割があります

 

一種類に捉われず、3種類の乳酸菌を摂ることによって、高い相乗効果を得られることがが期待されています。

 

1.ビフィズス菌

 

ビフィズス菌はヨーグルトや乳酸菌飲料に多く含まれている乳酸菌になるのですが、 ビフィズス菌というのは、本来大腸に多く在在している乳酸菌と言われています。

 

ビフィズス菌には、酢酸を作り出す働きがありますので、強力な殺菌力や胃や腸の中で有害となる菌の増殖を防ぐ働きをしてくれます。

 

ビフィズス菌を摂ることによって腸内環境が整えられ、本来胃や腸が持つ正常な状態に近づけてくれます。

 

2.ラブレ菌

 

ラブレ菌とは、ビフィズス菌を増やす効果がありますので、胃や腸のビフィズス菌にとっては、強いみかたとなります。

 

さらに、ラブレ菌はとても強い生命力がありますので、生きた状態で胃や腸に到達することができます。

 

乳酸菌のほとんどが、熱や酸に弱いと言われていますが、生きた状態で胃や腸にたどり着くことのできるラブレ菌でしたら、体の内側で悪玉菌が増えるのを抑えてくれます。

 

ラブレ菌も、ビフィズス菌同様に腸内環境を整えるためにはとても大切な乳酸菌になります。

 

3.ガセリ菌

 

ガセリ菌は日本人の体質によく合う乳酸菌だと言われています。

 

ほとんどの乳酸菌は胃酸に影響されて死滅してしまう中、ガセリ菌には生きた状態で腸に届くという胃酸に強い性質を持っているのが特徴になります。

 

ガセリ菌は丈夫に育つ乳酸菌と言われており、体内で悪玉菌を抑える働きをしてくれます。

 

乳酸菌には多くの種類が存在していますので、どうしても人それぞれの体質の違いなどから「合う合乳酸菌」「合わない乳酸菌」が出てくることから自分に合った乳酸菌を探すのがとても大変な事なのです。

 

そこで、それぞれ違う働きをしてくれる3種類の乳酸菌「3大乳酸菌」を同時に摂ることで、より高い効果を実感することが出来ることから世間でも広くおすすめされている訳なのです。

 

ビフィズス菌もラブレ菌もガセリ菌も腸内環境を整える効果のある乳酸菌ですが、 この他にも乳酸菌には数多くの乳酸菌が存在しています。

 

自分に合った乳酸菌を摂ることで、腸内を健康的に保つことが可能だと言われていますが、先ほど書いたように自分に合った乳酸菌を特定するのはかなり難しいことだと思います。

「それなら3大乳酸菌にプラスして、より多くの種類の乳酸菌を1度に摂ってみる」という考え方に変えてみてはどうでしょうか?

 

そこでおすすめしているのが、「3大乳酸菌+をはじめとする合計21種類の乳酸菌」が配合されたサプリメントも存在しているのです。

 

普段の食生活から多くの乳酸菌を効率よく摂ることは思った以上に大変な事だと思います。

 

ましてや、自分に合う乳酸菌の特定となるとさらに難しくなりますので、こういった便利なサプリメントを活用されるのも良いかと思います。

 

たくさんの乳酸菌を摂ったからといって体がおかしくなることはありませんが、サプリメントや健康食品は必ず用法容量を守って摂取することが重要になりますので、どうしても心配な方は医師や薬剤師などに相談してから利用してくださいね。

 

 

トップページに戻る

 

 

\↓3大乳酸菌を含み合わせて21種類の乳酸菌が配合されたおすすめのサプリです↓/
21種類5兆個の乳酸菌を配合【たよりのおめぐ実】

おすすめ