脂溶性ビタミンの特徴

 

脂溶性ビタミンの性質は、油に溶け易いという特徴があります。

 

脂溶性ビタミンを効果的に摂り入れるためには、油を使った揚げ物や炒めものになどで、体に取り込まれやすくなるそうです。

 

脂溶性ビタミンは高温に対しても強いので加熱によって、栄養を損なうこともありません。

 

 

水溶性ビタミンの特徴

 

例えば野菜を水で洗い、水に浸けておくことによって、ビタミンが流れてしまうのですが、脂溶性ビタミンは水洗いでも栄養成分が流れ出る量は少ないです。

 

 

脂溶性ビタミンの種類と効果

 

脂溶性ビタミンは、ビタミンA、D、E、Kの4種類があります。

 

これらのビタミンは、熱に強く、脂に溶けることから体に取り込まれやすくなるのですが、過剰摂取してしまった場合、体に蓄積されやすくなってしまいます。

 

主な効果は、皮膚や粘膜を作り上げて、カルシウムを吸収しやすくなる効果によって骨や歯を健康的な状態に保持できるわけです。

 

しかも抗酸化作用が期待されることから、女性にとっては美容、特に肌を美しく保つ効果も期待できます。

 

 

過脂溶性ビタミンの剰摂取による副作用について

 

脂溶性ビタミンは「薬」ではありませんから、「副作用」という文言は適していないのですが、過剰摂取や不足によって健康に悪影響を与えることがあるということを理解して頂ければ良いかと考えます。

 

脂溶性ビタミンとよく対比させられる水溶性ビタミンに関しては、過剰摂取したとしても余分な物は尿となって排泄されることになります。

 

しかし、脂溶性ビタミンを過剰摂取してしまった場合健康面で、悪い影響を与えてしまうかもしれません。

 

「ビタミンAの過剰摂取」肌の乾燥や肌荒れ、頭痛やめまいの症状が出てくる可能性があります。

 

「 ビタミンDの過剰摂取」ビタミンDは不足だけでなく過剰摂取にも気をつける必要があります。

 

食欲不振による体重減少や、嘔吐などの症状が現れるかもしれません。

 

サプリメントをいろいろと飲まれている方はビタミンDの過剰が起きないように気を付けてください。

 

「ビタミンEの過剰摂取」摂取しすぎた場合、倦怠感が強くなることも考えられますが、ビタミンEは1日に800mg以上摂るのでなければ、過剰摂取によっての影響は現れにくいと思われます。

 

「ビタミンKの過剰摂取」血液に関した病状が見られる方や、特定の薬を服用している方にとっては、ビタミンKの摂りすぎで症状の改善に悪い影響を与えるかもしれません。

 

脂溶性ビタミン、水溶性ビタミンに限らず、なによりバランスのとれた摂取を心がけてください。

 

ただし、ビタミンDに関しましては不足しがちなビタミンとされていますので、ビタミンDを含む食品は積極的に食べるようにした方が良いのではないでしょうか。

 

さらに、サプリメントを継続的に使用している場合は、一つのビタミンに偏らないように心掛けましょう。

おすすめ